2014年09月30日

ブランドはなぜ失敗したのか

◆「中国」のブランド価値 日本の4位を上回る世界2位に◆ブランドファイナンスによれば、2012年のブランドとしての「中国」の価値が4兆8470億ドルに達し、...

日本企業の中国産もかなり、世界に出まわっているだろうからなぁwwシャレだよね。中国の国家統計は全く信用できない透明性に欠けている。中国指導部さえも信じていない捏造データーを、世界は信じろと言うのか?アレレ、韓国またない!ミダニダスミダ! でもこれは事実だと思うよー。パクリの中国にブランドなんてあるのか?ブランドの定義がよくわからん。金持ってる中国やドイツが高いのはわかるが、イギリス・フランスがなぜ高いんだ?サイゴン在住だが、リンゴ(USA産)が中国製だったと偽装がバレちょっとした騒ぎに。鶏の足(ベトナム人がつまみによく食べる)が中国製だったことがわかり、屋台は閑古鳥が鳴いている・・。バイクは中国製は…ブランドとか使うからよくわからなかったが、要は経済的な影響力の話だろ?そりゃ中国は強いだろうよ、あんだけ人がいるんだから。おめでと。でも価値ある国は、帝国主義的領土野心を抱かないと思うけど。さすがサーチナ笑

トルコ語の『ギュナイドゥン』は『おはよう』のことです!
posted by pr1 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。